ビエンナーレ
  サイトメニュー

姫路城・現代美術ビエンナーレ


姫路城・現代美術ビエンナーレは、世界文化遺産の姫路城を拠点に開催される現代アートの祭典です。2012年は7月11日から7月22日まで、イーグレひめじの姫路市民ギャラリーで開催されました。ビエンナーレという言葉が耳慣れない、という方もまだまだ多いかもしれません。ではビエンナーレとはなんでしょうか。

ビエンナーレとは、2年に1度開催される大きなアートの祭典のことです。実はイタリア語で、起源となっているのはヴェネツィアで開催されるヴェネツィア・ビエンナーレです。水の都として知られるイタリアの大都市ヴェネツィアは、文化芸術の都でもあります。この地で開催される「ビエンナーレ」、つまり「2年に1度」の芸術の祭典がビエンナーレなのです。

ヴェネツィア・ビエンナーレには100年を超える長い伝統があります。ビエンナーレが開催されているのはイタリアだけではありません。たとえばブラジルのサンパウロで開催されるサンパウロ・ビエンナーレも60年を超える歴史があります。90年代以降世界中にこの動きは広まり、各国各地区で開催されるようになりました。

姫路城・現代美術ビエンナーレも、日本で開催されるビエンナーレのひとつです。第1回は2008年に開催されました。以後ビエンナーレの名の通り、2年に1度2010年、2012年と開催され続けています。世界文化遺産を擁する姫路の魅力と文化の発展を目指し、講演会や親子造形教室なども開催されます。次回はまた2年後に開催予定です。みなさんも参加してみてはいかがでしょうか。

ビエンナーレ関連情報


 
Copyright (C) ビエンナーレinformation All Rights Reserved.